廃車手続き

| 未分類 |

手持ちの車にもう乗らなくなり必要なくなったときどうすればいいのでしょうか。

 

中古車として売却する事ができれば、少なくてもいくらかの金銭になり、様々な手続きも買い取った業者がしてくれるので、一番いいのですが、それも出来ない時は廃車にすることになります。

 

手続きは二つあり三段階になります。二つあるというのはナンバープレートを返却し、登録を抹消することと、実際に車体を車体を解体しスクラップにすることです。

 

まずナンバープレートの返納です。

 

ナンバーを返して登録を抹消しないといつまでも税金が課税されますの出来るだけ早くしたほうが良いでしょう。

 

必要な書類とナンバープレートをもって陸運局へ行き抹消登録をします。

 

必要な物は所有者の実印と印鑑証明です。手続きに行く人が所有者でない場合は委任状を作っておきます。

 

ナンバーを返納すると、抹消謄本と言う車検証と同じ書式の書類をくれます。

 

これを用意してスクラップ屋に連絡を取ります。スクラップ業者は、抹消謄本と車両を引き取ってくれ、多くはいくらか代金をくれます。

 

そしてその後解体が終わると解体証明と言う書類を送ってきてくれます。この解体証明を持って再び陸運局へ行き解体抹消の手続きを行って終了です。

 

車検の切れてい車でも自動車税は最初に抹消した段階でその年の既に納付してある税を月割で計算して返してくれます。返却は後日口座に振り込まれる形になります。

 

また1年以上車検が残っている場合自動車重量税も年単位で返してくれます。これは最後に解体抹消の申請を行った時に手続きすることになり、やはり後日口座に振り込まれます。