廃車にかかる費用

| 未分類 |

廃車手続きにかかる費用としては、自動車の解体費用としては1万円前後の料金がかかり、リサイクル料金としては、平成17年1月1日に自動車リサイクル法という法律が施行されて、車ごとに決められた自動車リサイクル料金を支払うことが義務づけられましたが、平成17年の2月以降に車検を通した車であるならば、すでに車検時の自動車のリサイクル料金は徴収されているので、費用は発生しません

 

。リサイクル料金はメーカーや車種によって異なるので、一概には言えませんが、普通車の場合には1万円前後、軽自動車の場合で8000円前後、会社の場合には2万円前後が目安となります。

 

車が不要になった場合には処分をするための手続きをなるべく早く行わないと自動車税を支払い続けなければならないというデメリットが生じるので、処分の手続きは自動車税を納付した年度内に行うようにすることが大切です。

 

さらに自賠責保険の有効期限が残っている場合には、残存期間に応じて自賠責保険料が戻ってくるので、自動車の処分の手続きを行った場合には自賠責保険の手続きも一緒に行うことが必要です。

 

その他に事故車や故障で自走できない場合には、さらにレッカー代などの余計な費用が掛かる場合があるので、顔見知りの車屋さんやディーラーなどとの相談が必要となる場合もあります。