必要な書類とは

| 未分類 |

新しい車に乗り換える場合に必要な手続きには、車を売却し、手放す際に必要な名義変更手続きと新しく車を購入する際に必要な名義変更手続きをしなければなりません。

 
まず売却して手放す場合、申請する場所は最寄りの運輸支局、または陸運局に申請します。

 

必要書類は自動車車検証と印鑑証明書、譲渡証明書の3種類です。

 

車検証は車の中に保管されているはずです。印鑑証明書は現住所の市役所で受け取ることが出来ます。ただし、申請するものは発行から3ヶ月以内の物でなければなりません。

 

また、発行する場合は身分を証明する物、免許証や保険証が必要です。

 
譲渡証明書は運輸局や陸運局で受け取ることが出来ます。他にも国土交通省のホームページからダウンロードすることもできます。

 
購入する際の名義変更の手続きにおいては、まず国土交通省に申請し、車検証の交付とナンバープレートの交付を受けます。

 

その後、路上駐車を防止するための車庫証明の手続きを行うことになります。

 
申請に必要な書類は、自動車保管場所証明申請書、保管場所の所在図と配置図、保管場所使用承諾証明書、(これは駐車場を借りた場合に申請します。)保管場所使用権原疎明書面(これは自宅の駐車場を利用している場合に必要です。)の4種類です。

 
これらの書類を申請するにあたって車の形式、車体番号、車の大きさの情報が必要になるため、わからない場合は車検証を持参のうえ警察署にて確認する必要があります。

 

この際印紙代として3000円の費用がかかります。