下取りと買取りの違い

| 未分類 |

乗らなくなった車を処分する方法は大きく2通りに分ける事ができます。

 
それぞれの売却方法には違いがありますし、メリットも違ってきます。

 
どんな売却方法があるのかと言いますと、まず挙げられるのが下取りです。

 
要は新しい車を購入する販売店で、引き取ってもらって処分する方法です。

 
出してもらった査定価格が新しい車の見積もりから引かれますので、見積もり額を安くする事ができます。

 
車の購入と売却を同時に行える訳ですので、手間が掛からないというメリットがあります。

 
また、新しい車が納車されるまで古い車に乗り続ける事ができますので、納車までの移動手段に困る事が無いというメリットもあります。

 
一方の買取というのは中古車買取店などに売却する方法であり、売却後は現金を受ける事ができます。

 
どんなメリットがあるのかと言いますと、まずは何といっても高く売れ易いという事です。

 
中古車買取店の場合は色々な販売ルートを持っている事がありますので、仕入れた車も効率的に捌く事ができます。

 
その為、在庫を抱えてしまうようなリスクも小さく、それによって高値を付けてもらい易くなります。

 
他にも中古車買取店の場合はオプションパーツもきちんと査定してくれますので、人気のカーナビなどが装備されている場合ならより高値を付けてもらう事ができます。